fc2ブログ

日経新聞読んで、気になった記事のまとめブログ

新聞で気になったニュースについてアウトプットしながら紹介しています!

魅力=周波数?

最近思うんだけど、
人に『モテ期』とはそもそもなかったんじゃないかな、と

その人の心の持ちようが変わってそれが人を引きつけるいわゆる『モテ』になるのではないか。

そもそもモテるというのは周りの評価で決まる
だから自分の周りの人が変わればモテたりモテなかったりすることがある

例えば自分の周りの人がカニみそ以下の脳みそしか持ち合わせていなかったら。
もし自分の魅力がカニみそ以下の人にとってはキャパオーバーになり魅力にならなかったりする。
それであの人は『変』というレッテルを貼る。

『あの人、変だよね?(笑)』みたいなことになる。

*魅力を感じる人とは?

人は自分より少しできる人にひきつけられる。

自分が普通の高校生ならなんでもできるオールラウンダー優等生よりも何か少しできる男の子に興味を持つのが多くの女子高生。

中身が全く違う人に多くの人は惹きつけられないからだ。

だから自分の魅力に気づかない人というのは天と地ほどの考え方も意識も違うということだ。

もし、そこらへんの凡人に『変わっている』と言われたなら、それは、自分の力になりうる。
一般人に見つけられない以上の魅力が備わってきているからだ。

そこでいろんな年代、いろんな国、いろんな生き方をする人と会って話をすることで自分がどのくらいのレベルに位置するかがわかってくる。

先日、経営者に会っていろんな話をしていると、おもしろい人と言われた。

従業員の考え方しか持ち合わせていない今までの中では『仕事はできるけど変な人』というレッテルを貼られていた。
しかしこう考えをしてみると彼らの今現在の頭の中では僕の考えはキャパオーバーになるので変人になる。

彼らは彼らの考え方の中で人を判断するから、彼らの中で僕は『変』ということになる。

しかし経営者の中で僕がいいように判断されるならぼくはその中では魅力があるのだと思う。

そう考えると自分の周りが変われば自分の魅力がわかる人がいるということ。

自分が生きるなら自分の考えを押し殺して周りの求める魅力になるより
自分の周りを変えて自分の生きたい生き方をしたほうが絶対に楽しい。

僕が高校生のとき、自分の周りというのは限られていた。
同じクラス・同じ部活・友達・そして家族、くらいか。
だから多種多様な人と会うことはできなかった。
それで学校というものは自分の考えを表現したくてもできない空気を醸し出す刑務所みたいだった。
みんな違うのが当たり前なのに、暗黙の空気にあわないものをはじき出すシステムがあった。
そして彼らはその中で悪とされる。
この話をするとものすごい長くなるのではしょります。(笑)


ラジオを聞くときに自分が周波数を変えるか
それとも
自分の周波数にぴったりあう周波数を見つけるか。

僕は自分にあう’周波数’を見つけたからそこでいきてみようと思う。
従業員という枠ではなくいろんな人と話をしたい。
今は経営者たちに会って自分のビジネスの考えをしてまた彼らからいろんな話を聞くのがたまらなくおもしろい。

3年後の起業に向けてまだやれることがたくさんある。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/05/11(土) 06:49:16|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikkei.kigyou-india.com/tb.php/51-9c1a927a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)